コニシの木工用ボンド
0

ラバー部分の加水分解と木工用ボンド

マウス、キーボードのパームレスト部分、ペンタブ用スタイラスのグリップ部分など、ラバーが使われている製品は多くあります。

ですが、ゴムは、時間が経つと加水分解を起こしてベタベタになることがよくあります。

そんな時、自分は木工用ボンドを使って次のように対処します。

  1. 加水分解を起こした部分にボンドを塗って乾かします。
  2. 十分に乾いたら、かさぶたを取るようにはがします。
ボンドが乾いてかさぶたのようになった状態。

正しい対処法かどうかは分かりませんが、少なくとも自分は、実際にこうやって復活させたものを何年も使っています。

木工用ボンドなら安全そうだし、ダメ元でもいいかな、と

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です